今朝の経済新聞から

産業技術の中にディープテックと言われる分野が有ります。現存する技術を更に深く探求開発する化学分野です。
最近リチウムバッテリーの5倍とか7倍のバッテリーを発明した記事がアメリカや日本から発表されています。
今朝、もう一つ目に留まったのは「太陽光電池薄さ150分の1」と言う記事です。
ペロブスカイト太陽電池はシリコンウエハーから作るのではなく、液体で作るかその液体を塗装して作るのでとても軽くて薄くて安価です。さらに薄曇りの日でも起電力の特性が良いのです。

空を飛ぶことが趣味の僕はそれをモーターグライダー(プロペラが付いているグライダー)の翼に貼り付けると、2000W以上の発電が出来ますから晴れている日は時速100Km以上の速度で8時間以上飛び続ける事が可能になると思っています。
離陸するときは積まれているバッテリーの電力も利用して雲の上まで上昇し、水平飛行になると積まれているバッテリーの充電が始まりますから、日が傾いてからの航続距離は更に100Kmを超えるはずです。

美しくデザインされた航空機は空気抵抗が小さく、わずかな推力で十分なのです。
更にバッテリーの性能が5倍になるとバッテリーで飛行する航空機も出てきます。
すべての航空機のエンジンは短いサイクルで取り換える法律になっていますが、ブラシレスモーターの信頼性はエンジンの10倍だと言われていますから、電動飛行機の時代になるとモーターの取り換えも無くなり特別な航空機燃料も必要が無くなって維持費も安くなるのです。

ニッサンリーフは400Kgものバッテリーを積んで走っていますが、バッテリーが軽量になる事ですべての小型自動車は一度の充電で1000Kmを超えて走り始めます。

安くて薄くて軽いペロブスカイト太陽電池は今後全ての車の屋根や建物の屋根に貼られて、世界中の新たな分野に利用されると思っています。

今後は化石燃料の消費が少なくなり水素燃料が作られ、すべては電気で動き出す時代になりはじめます。

 

2021年03月08日