ニュース ナウ

2020/07/19
その5
その後少しすると「石狩灯台まで行ってきまーす」と無線が入り、既に1Kmほど向かっていました。

そして戻ってきてこの位置です。
朝妻さん、「石狩浜海水浴場(遊ビーチ石狩)の方は、何十人もの人が手を振ってくれてうれしかったよ」と言っていました。

105-s-1.jpg105-s-2.jpg105-s-3.jpg

2020/07/19
その4
朝妻さん、今日4本目のフライトです。
いい感じで離陸して行きました。

104-s-1.jpg104-s-2.jpg104-s-3.jpg

2020/07/19
その3
海風が穂と良く吹いているのですが、カイトサーフィンができるほどの風が無くて、今日はカイトが上がっていません。

今日は一年ぶりに飛行機を持ち出してみました。去年は推力不足だったので大きなプロペラの新しいエンジンに取り換えてみました。<br>今年は多分離陸すると思っていたのですが・・・

そしてみんなでバーベキューです。

103-s-1.jpg103-s-2.jpg103-s-3.jpg

2020/07/19
その2
今日の石狩浜はこんな感じでごった返しています。今年一番の人でです。

南さんライズアップがうまくいっているのですが、風が強くなってきたので中止しました。

102-s-1.jpg102-s-2.jpg102-s-3.jpg

2020/07/19
今日の石狩
今日は北風を待って12時ころ到着したのですが、朝妻さんはすでに3フライトもしたそうです。

南さん、エンジンを背負って離陸準備です。

101-s-1.jpg101-s-2.jpg101-s-3.jpg

2020/07/11
その11でおしまい。
そのクーリングジャケットは、なんとスマホで風量設定ができるのだそうです。
なかなかナウでトレンデーですね。

長時間型なので、バッテリーがこの大きさです。
バッテリーの性能が毎年進化していますから、そのうちペルチェ型も出てくるかもしれません。

100-s-1.jpg100-s-2.jpg100-s-3.jpg

2020/07/11
その10
新しく購入したハイエースのはウイングボード(通常のボードではなく、90センチ下に水中翼(最新型の尾翼付き))を乗りこなすそうです。僕の知る限り、これを乗りこなせるのは道内では種畑さんだけです。

写真の上の方の白いボードから1本のシャフトで下の緑の縁取りの水中翼、そしてその後ろの緑色の尾翼でピッチ安定です。

そういえば、カイトサーフィンではなく、この手のボードで、前後にボードをシーソー動作することで、水中ノウイングがドルフィン効果でボードを浮かせてどこまでもずーっと前進できるボードができているようです。

今日は食事をした後風が出てきて、無理に飛ばない方が良い感じになったのですが、それでも蒸し暑い中、なんと朝妻さんがクーリングジャケットを着ているじゃありませんか。
涼しそうでいい感じです。2個のファンから空気を吸い込んでジャケットを膨らましていて、首とわきの下のメッシュから風が出る仕組みです。

僕が着ると、きっとノネナールが・・・

99-s-1.jpg99-s-2.jpg99-s-3.jpg

2020/07/11
その9
長さんも着陸です。

南さん風が強いのにライズアップの練習です。キャノピーの方に5歩ぐらい走って、しっかりとキャノピーを止めています。

風が強くなってきたので、午後のフライトをあきらめていると、種畑さんが来ました。
風が強いと種畑さんはここでカイトサーフィンをするのです。

それと今日は緊パラリパックを2個、お預かりいたしました。

98-s-1.jpg98-s-2.jpg98-s-3.jpg

2020/07/11
その8
しばらくして戻ってきました。

石狩の河口まで行くと、1Wしかない送信出力の無線機は、会話がとぎれとぎれです。地上局は大きなアンテナが有った方が良いかもしれません。

朝妻さん着陸です。

97-s-1.jpg97-s-2.jpg97-s-3.jpg

2020/07/11
その7
朝妻さん離陸です。

そしてすでに飛んでいる長さんと石狩の灯台に向かって飛んでいきました。

96-s-1.jpg96-s-2.jpg96-s-3.jpg

- Topics Board -