ニュース ナウ

2021/08/29
その8
僕もついでに離陸です。

ドリームビーチ1Km手前でパチリ。
そして石狩川の河口をパチリ。大雨の後は川の水が濁っているのですが、今日は比較的きれいな水が流れています。

268-s-1.jpg268-s-2.jpg268-s-3.jpg

2021/08/29
その7
風が海風になって3mくらいに落ち着いたので朝妻さんが「石狩灯台まで行ってきます」と、石狩川方向に離陸して行きました。

267-s-1.jpg267-s-2.jpg267-s-3.jpg

2021/08/29
その6
澤村さんのキャノピーで朝妻さんもなぜかライズアップの練習です。

266-s-1.jpg266-s-2.jpg266-s-3.jpg

2021/08/29
その5
澤村さんの練習風景です。
正対のライズアップがうまくなってきました。いいそいいぞー!

265-s-1.jpg265-s-2.jpg265-s-3.jpg

2021/08/29
その4
この頃見学に来るおじさんが、今日も来ています。きっと飛んでみたいのだと思います。

264-s-1.jpg264-s-2.jpg264-s-3.jpg

2021/08/29
その3
僕が着陸するとすぐに朝妻さんが離陸です。クロスハンドからの離陸は一度のライズアップでいい感じです。

263-s-1.jpg263-s-2.jpg263-s-3.jpg

2021/08/29
その2
内陸の空模様はこんな感じで、秋の雲が出始めていますね。

今日もいつものこの辺りで離着陸です。
澤村さんはライズアップの練習です。朝妻さんは離陸の準備を始めています。

262-s-1.jpg262-s-2.jpg262-s-3.jpg

2021/08/29
その2
内陸の空模様はこんな感じで、秋の雲が出始めていますね。

今日もいつものこの辺りで離着陸です。
澤村さんはライズアップの練習です。朝妻さんは離陸の準備を始めています。

261-s-1.jpg261-s-2.jpg261-s-3.jpg

2021/08/29
今日の石狩
今日はお昼頃に風が強くなる予報なので、9時前に浜に到着してみました。

すでにかぜが4mくらい吹いているので早速離陸の準備を始めます。
9時ころには朝妻さんと澤村さんが来てくれました。

風は南西の風なので少し揺らぎが有りますが、いい感じです。
離陸してすぐにパチリ。風の向きがこの方向なのです。


上空150mから2枚撮影です。LNG(液化天然ガス)のタンカーが接岸しています。

260-s-1.jpg260-s-2.jpg260-s-3.jpg

2021/08/01
その10でおしまい。
石狩灯台を過ぎてUターンです。

じつはこの後離陸したところに戻って2回ほど旋回をしているとガス欠でテイクオフに近い所で着陸しました。

やはり1リットルでの飛行距離は10kmくらいになる計算ですが、このエンジンユニットはプロペラサイズが115mmのMサイズユニットです。プロペラが135mmのXLサイズのユニットは1リットルで15kmくらい飛行できますから、プロペラサイズの大きいユニットは効率が良いのが分かります。

プロペラもジェットエンジンのファンブレードも直径が大きいととても燃費が良いのです。

ちなみにプロペラは1本(2本)の物が一番効率が良いわけで、プロペラ枚数の多い設計は、効率が悪いのですが、設計上の段階で、それ以上直径を大きくすることが出来ない理由があって、仕方なくプロペラの枚数を増やしているのです。

話は長くなりますが、ライト兄弟のライトフライヤーに積んでいるエンジンは、ライトフライヤー専用に自作しています。機体とエンジンとで重さが260Kgにもなってしまたのですが、ほぼミニプレーンと同じ15馬力から18馬力くらいしか馬力がないエンジンで離陸しているのは、自作の直径2.6mものプロペラ2個をゆっくりと回す事で、推力はおそらく100Kgを超えていたのだと思います。

なので、ライト兄弟は小型エンジンでファンを回して風洞実験をしながらリリエンタールの実験データのNo12番の翼形でライトフライヤーの翼形を作り、推力の出る効率の良い大きなプロペラを設計して、水冷エンジンを自作して、操縦理論を発明し、とうとう飛行機を完成している事に成ります。

259-s-1.jpg259-s-2.jpg259-s-3.jpg

- Topics Board -